1. TOP
  2. pairsで反応がある写真の選び方

pairsで反応がある写真の選び方

pairs 写真

pairsってプロフィールが大事とか言われていますけど、

もっと大切なものがあるんです。

 

それは、写真。

 

どんなに上手くて魅力的な自己紹介文を書いても、

写真がキモかったら一発でアウト。

上手で魅力的な自己紹介文は読まれもしません。

 

自分でもそうですよね。

やっぱり女性って顔写真で選ぶじゃないですか(笑)

僕も面食いなので、ルックスで選んでいます。

 

やっぱり、その辺り女性も同じなんですよね。

結局、顔で選ぶわけですよ。

 

 

「結局イケメンじゃねーと無理じゃねーかよ」

 

 

と思うかもしれません。

伊佐木、どんだけイケメンなんだよ、と。

 

いやいやいやいやいや。

僕、いいところ野球の上原とか言われていますから。

まあ確かにひどいブサイクじゃないかもしれませんけど、

決してイケメンではないというね。

(自分で力説しているのが悲しくなってきましたが)

 

別に、イケメンじゃなくてもいいのですよ。

 

 

「顔写真で選ぶのにイケメンじゃなくてもいいってどういうこと?」

 

 

よくぞ、聞いてくれました!

僕が今回言いたかったのは、そこなんですよ^^

 

「雰囲気イケメン」って知ってます?

実際顔の作りは対して格好良くないけど、

雰囲気は格好いいという、アレです。

 

アレを目指せばいいんですよ。

雰囲気イケメンに。

 

いやいや、無理。

 

そう思わずに。

写真の雰囲気をよくすればいいだけなんで。

けっこう簡単ですよ。

 

 

「どうやってそんな写真撮るんだよ?」

 

 

ええ、僕もまだ研究段階なんですが。

たとえば、こんな写真です。

 

pairs プロフィール写真1

 

ちょっと角度を変えて、こんな感じ

 

pairs プロフィール写真2

 

僕の絵心については触れないでもらうとして。

 

こう、目をギューっとつぶって笑っている写真。

こうすると、目が小さいとか配置が悪いとか、

そういうことが伝わらないのでごまかせます。

 

さらに、笑っているので楽しい雰囲気も伝わります。

 

そう、写真で好印象を伝えられるということですね。

それができると、雰囲気イケメンにグッと近づけるわけです。

 

あと、この絵は顔だけですが、

顔だけだと正直キツいところがあります。

 

僕も、自撮りで顔だけの写真を撮りましたが、

自分で「中々キツいものがある」とつぶやいてしまいました。

ちょっとだけ、親を恨みました。

 

ま、それはさておき。

撮るならバストアップです。

胸より上が写るアレね。

 

いや、もうちょい下からがいいですね。

お腹の辺りから上を写すように撮っています。

 

そうするとバランスが取れて顔の作りよりも雰囲気が重視されるので。

 

「全体を撮ればいいじゃん?」

 

と思うかもしれませんが、

全体を撮ると「顔は?」と顔写真を要求されるのですよ。

 

それだったら、お腹よりちょっと上からの写真で、

顔の雰囲気を伝えるための写真を撮った方がいいです。

 

全体と、顔写真が別で必要なので。

 

 

それから、小物選びも重要。

 

僕は缶ビールを持って公園で撮った写真を使っています。

これは、僕が以前BBQをやったときの写真を利用しているのですが、

そういう小物を使うと、

「あ、この人アウトドアな人なんだな」とか

「この人友達多いのかな」などなど、

想像が膨らみますよね。

 

写真の撮り方一つで、僕の人格まで想像してくれるわけです。

 

逆に、家で自撮りした写真なんかでは、

「あれ? こいつ暗い?」

「引きこもりか?」

なんて言われがちですから。

 

家よりも、外。

演出するなら、小物選びや場所も考える。

そうすると、いい感じの写真が撮れるようになります。

 

 

つまり、

「どういう状況でこの写真を撮ったのか?」

というストーリーを考えることです。

 

近所のBBQができるような大きな公園で、

缶ビールを持ちながら写った写真とか。

海でビーチボールを抱えながら撮った写真とか。

浴衣を着て温泉地で撮った写真とか。

 

今までそういう写真を持っているのなら、

そういう写真を使うとOKです。

 

が、持っていないのなら、撮りに行きましょう。

 

近くで大きめの公園はないですか?

東京なら、立川記念公園とか、新宿御苑とか。

フリスビー持って行って、それを投げようとしている写真を撮ったり。

 

一人で撮るのが難しい?

 

ええ、ええ、OKです。

僕はこういう道具を使いました。

 

自撮り 三脚

 

これで動画を撮るんですよ。

で、ひたすらフリスビーを投げまくるっていう。

投げて走って撮ってきて、また投げて走って撮ってきて・・・。

周りの人の目が痛かったですが、気にしない気にしない。

 

そうやって撮った動画で、いい感じの写真を1枚切り抜く。

 

すると、いい感じのプロフィール写真が出来上がります。

周りの目が気にならなくなったら、実際楽しくなるんで。

 

イタイ奴だと思いますか?

ええ、十分イタイですよ。

あなたの思うことは間違っていない。

 

でも、そうすると女性との楽しいデートが待っているわけです。

 

1時間くらいその場にいる人から白い目で見られるのか?

pairsでかわいい女の子と出会うのか?

 

あなたなら、どっちを重視したいでしょうか?

 

 

いい感じの写真は、意外と簡単に撮れるものです。

よかったらやってみてください。

 

 

>>>出会いが5倍に増える!?無料メールセミナー

 

 

 

—————————————————

「友達として、いい人だよね」

と女性に友達扱いされ続けた僕は、女性を口説くために悪の道に走りました。

 

しかし、それでも幸せな恋愛をすることはできないまま・・・

そして、とうとう好きだった彼女にもフラれてしまいます。

 

女性を口説くためには悪ぶらないとならないのか?

優しい男はモテないのか?

本当にモテる男とはどんな人なのか?

 

友達止まりだった僕がかわいい女性に好意を寄せられた秘訣を書きました。

⇒【ダメな】いい人と【男として】いい人の違い〜5人の女性から『友達がいい』と言われた僕がかわいい女性から好意を寄せられる秘訣〜

 

僕の渾身の記事です。

ぜひ読んでみてください。

—————————————————

\ SNSでシェアしよう! /

ネットナンパpairsで出会いまくれ!!妥協しない彼女作りの注目記事を受け取ろう

pairs 写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ネットナンパpairsで出会いまくれ!!妥協しない彼女作りの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

伊佐木大介

伊佐木大介

23歳まで恋愛経験なく過ごし、当時好きだった女性に振られ恋愛活動をスタート。童貞コンプレックスをバネにナンパ、ネットの出会い、婚活パーティーなどで女性との出会いを作り女性とのコミュニケーション能力を開花させる。1年間で出会う女性の数は100人を超える。
2011年、自身のコミュニケーションスキルを理論化し、わかりやすく再現しやすい恋愛理論をベースに情報発信をスタート。「結果にコミットする」をモットーに恋愛相談を行なう。

関連記事

  • 勝手にプロフィール添削2 年収800万なのにいいねが少ない

  • 写真を変えてみたら反応が上がった件

  • 勝手にプロフィール添削1 会社員のプロフィール

  • ガツガツ出会えてます。1月は10人以上とデート

  • 「どうせ俺なんて」女性にスルーされ続けた僕が一転して女性に求められる理由

  • ゼクシィ恋結び攻略に挑戦してみた!