1. TOP
  2. インターネットで女性と出会う確率を劇的に増やす文章の書き方の手順

インターネットで女性と出会う確率を劇的に増やす文章の書き方の手順

こんにちは。伊佐木大介です。

最近、出会いアプリのwithを使っているのですが、こんな感じでいいねが集まっています。

出会いアプリ with いいね数453

普通の人よりは多いだろうなぁ。

 

なんて軽く思っていましたが、

withに登録している男性32万6929人のうち、TOP100に入っていました。

(正確には94番)

 

僕はペアーズやゼクシィ恋結び、withなどの出会いアプリを始めて

かれこれ3年が経ちましたが、

これまでに100人以上の女性と会ってきました。

 

一体、なぜ僕が

・30日間で453いいねをもらうことができたのか?

・100人以上の女性と会うことができたのか?

というと、たった1つのことをしていたからです。

 

それは、『演出』です。

 

僕はアプリの女性アカウントを作って

たくさんの男性のプロフィールを見てきましたが、

残念なことにほとんどの人が“もったいない”ことをしています。

 

女性に、その人の魅力が全く伝わっていないのです。

 

だから女性もいいねを押すことができないでいる・・・。

 

非常にもったいないなぁと感じます。

 

これから、この記事であなたに魅力を女性に伝えて

インターネットで女性と出会う確率を劇的に増やす文章の書き方の手順をお伝えします。

 

ぜひ、今からお伝えすることを参考にして

女性と出会うプロフィールを作ってもらえたらと思います。

 

ほとんどの男性がやっている出会えない文章の書き方

 

結論から言うと、短い。

とにかく、短い。

 

だから、何も伝わらないのです。

 

だって何も書いていないのだから。

 

たとえば、こんなプロフィール。

 

千葉在住、24歳、Sです。

よろしくお願いします。

 

趣味はゲーム、ドラマ、漫画です。

1人でいるときは基本インドアです!

 

気軽にお話できればと思います。

よろしくお願いします!

 

み、短い・・・。

 

これじゃあ何も伝わらないし、

そもそもこの人は何も伝えようとしていないんじゃないか?

とさえ思ってしまいます。

 

これじゃあ、女性はいいねを押せるはずがないっていう。

 

だって、何もわからないのだから。

魅力も感じられるはずがないっていう。

 

他にも、こんなプロフィール。

 

はじめまして、K.Y.って言います。

登録してすぐなので、ちょっと緊張しています。

 

仕事は公認会計士をしています。

直接クライアントに行くので、日中いるところはバラバラです。

 

休日は友人と飲みに行ったり、映画や美味しいところを探したりしています(笑)

何もない日は家でゲームが多いかも(-_-;)

 

一緒にいる時間が、一番自分らしくいられるような、そんな関係になれたら幸せだなと思っています。

 

性格は奥手な方だと思います。ゆっくり仲良くなれればと思います。

 

まずはメッセージから、どうぞよろしくお願い致します。

 

今度はそこまで短くもないのですが、

魅力が書いていません。

 

このプロフィールを書いた人に

「君の魅力は何なの?」

「それはどこに書いたの?」

と聞いたら、答えられないんじゃないだろうか。

(もしかしたら泣いちゃうかもしれない)

 

他にも、

 

はじめまして。

プロフィールを見て頂き

ありがとうございます。

 

いい出会いがあればと思い、

登録しました。

 

仲良くなったら、

美味しいものを食べに行ったり、

買い物に行ったりしたいです。

 

<好きなもの>

・牛タン

・お酒(弱いですが・・・笑)

・パスタ

 

<趣味>

・映画

・アニメ

 

<休日の過ごし方>

・ジムやジョギング

・友達と遊ぶ(ゲームやお酒等)

 

その他、参考コミュニティも

参考になるかと思います。

 

少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです。

気軽にいいね!してみて下さい。

 

よろしくお願いします!

 

これは長くいろいろ書いているのですが、

「うーん・・・」という出来栄えです。

 

たぶん、女性と出会えていないだろうなぁという。

 

なぜ彼らが書いているプロフィールは魅力的じゃないのか?

 

3つのプロフィールを紹介しましたが、

正直どれも微妙なプロフィールです・・・。

 

魅力的とは言えません。

 

なぜ彼らが書いているプロフィールは魅力的じゃないのか?

 

というと、短いとかいろいろ理由はあるのですが、

1番の理由は『演出』がないからです。

 

 

そもそも、演出するべきことがない。

 

このプロフィールを書いた人たちに

「君の魅力は何なの?」

と言うと、

「・・・」

となるに違いないと思っています。

 

インターネットで出会う確率を劇的に上げるためには、

あなたの魅力を女性にわかってもらう必要があります。

 

休日の過ごし方や好きなものや趣味を書いたとしても、

あなたの魅力が伝わるものではありません。

 

インターネットで出会う確率を劇的に上げる文章とは、

あなたの魅力が女性に伝わりやすい文章のことです。

 

上で挙げた3つのプロフィール文は、

そもそも女性に伝えようとしている魅力がありません。

 

だから、何も伝わらないし、

女性と会えないのです。

(実際に、彼らが女性からもらっているいいねは極少数でした)

 

インターネットで女性と出会おうとするなら、

書き方のテクニックを学ぶのも大切なことですけど、

何よりも重要なことは

 

『何を書くか?』

 

ということです。

 

このことを疎かにしている限り、

どんなに一生懸命プロフィールを書いても女性と出会うことはありません。

 

なので、あなたもまずは

「自分の魅力って何だろう?」

と考えることから始めてみてください。

 

まあ、そんなことを言いながら僕も全然ダメダメなプロフィールを作っていて、

女性と全く出会えなかったということを経験してきたのですが・・・(苦笑)

 

ここからは、僕がいかにダメダメなプロフィールを作っていたか?

ということをお伝えします。

 

150人にいいねを押しても誰ともマッチングしなかった僕のダメダメなプロフィール

 

それでは、僕がどんなプロフィールを書いていたのか?

実例をお見せしましょう。

 

はじめまして!都内で大学院生をしています。

 

学校外で何をするか?がとても大事だと思っています。

学校の勉強も大切にしていますが、将来につながる勉強も大切だと思うので今は様々な場に行くようにしています。

 

何事も本気で取り組むのが面白い、と気づいたので勉強も本気で取り組んだら「面白い」と思うようになりました。

今までの「勉強がつまらない」と思っていたのは何だったんだ!と思えるくらい充実しています(笑)

 

夏はBBQをよく開いています。大学院生も社会人も集まるのでいろんな人と交流できるのが楽しいです。

家にこもって勉強ばかりするよりも何倍も新しいことが知れますね。

 

BBQでこの前知り合った人は世界中を旅している不思議な人だったので、いろんな新しいことを教えてもらえる機会がありました。こういう不思議なことがあるからやめられません(笑)

 

将来、弁護士になることが目的で今は司法試験合格を目指しているので、普段は勉強ばかりしていますが、楽しいことは大好きです!

BBQ以外にも飲み会をやると大抵盛り上げ役として呼ばれます。

シーンとなった空気を壊すのが得意だからかもしれません(笑)

 

恋人も欲しいのですが友達の輪が広がったらいいなと気軽に登録しました。

仲良くなってお話できたらいいですね^^

 

一見悪くないように思うかもしれませんが、

残念ながらこれで女性からいいねをもらうことはできなかったし、

女性と会うことは全然できなかったのです・・・。

 

なぜ僕のプロフィールでは女性と出会えなかったのか?

 

上のプロフィールを書いた当時、僕はこれが悪いとは思っていなかったのですが・・・

今考えてみると「出会えなくて当然だなぁ」と思います。

 

というのは、これは女性に魅力が伝わるプロフィールではないから。

 

何がいけなかったのか?

というと、ありきたりなんです。普通。平凡。

 

だから、女性にとっては何も感じない。

 

というのも・・・実はこれはある恋愛教材に書いてあったテンプレートを

ほぼそのまま使用したものだからです。

 

そりゃ、テンプレートは誰にでも当てはまるようなことを書いてあるのだから

(じゃないと、みんなが使えないから)

ありきたりなプロフィールにもなりますよ。

 

このプロフィールを読んでも、女性は僕の人柄を感じないし魅力も感じない。

 

だから、女性は僕にいいねを押さなかったわけです。

 

女性がいいねを押すのは、

プロフィールを読む→僕の人柄を感じる→人柄に共感する→魅力を感じる→いいねを押す

という流れを辿るのですが、僕は誰にでも当てはまるような平凡なことを書いていたから、女性は僕の人柄を全く感じずにいいねを押さなかったというわけです。

 

じゃあ・・・僕がどういうことをしなければならなかったのか?

というと、自分の人柄を伝えるようなプロフィールを書けばよかった。

 

まあ、それが難しくて・・・恋愛コンサルのクライアントにも自己紹介文の作成に挑戦してもらっているのですが、みんな難しくて苦労しているみたいです。

 

ここからは、僕がクライアントが書いた自己紹介文を読んで送ったアドバイスをお伝えします。

 

あなたが女性と出会うために一番大切なこと=『演出』

 

ほとんどの男性がプロフィールで“もったいない”ことをしているのですが、

それは「自分の書きたいことを書いている」ということです。

 

僕は限られた人に恋愛コンサルをしているのですが、

彼らに

 

「プロフィールを書くときに気をつけていることは?」

と聞くと、決まって

「自分を知ってもらうこと」

という風に答えます。

 

まあ、それは間違いではありません。

 

プロフィールは自己紹介をする場所ですから、

自分を知ってもらうためにプロフィールを書くことは間違いではないのです。

 

しかし、それではいいねは集まらない・・・。

 

なぜか?というと、

あなたのいいところ、つまり、『魅力』が伝わらないからです。

 

女性に魅力が伝わるから女性はあなたにいいねを押すのですが、

あなたの魅力が伝わらなければいいねは押されません。

 

コンサルでこう話すと

「いや、俺は魅力についても書いている」

と言われたりします。

 

まあ、、、そうかもなぁとは思って、

「友達からは優しいと言われます」なんて書いてあるので、

たしかに魅力についても書いているのかもしれません。

 

けど、プロフィールには女性が魅力に感じること以外も書いているよな、

という場合がほとんどです。

 

たとえば、

「趣味はガーデニングです。野菜育ててます!」

と書いてあったりとか。

 

優しいのは魅力だとしても・・・

趣味はガーデニングで野菜育ててると書いてあったら、

「なんかつまんなさそうな人だな。。。」

と思われてしまいかねないという。

 

つまり、その趣味はガーデニングという部分はノイズなのです。

 

そのノイズのせいでせっかく書いた魅力が伝わらなくなってしまう

 

だから“もったいない”んですよ。

せっかくのあなたの魅力が伝わらないから。

 

そのノイズを消すために、『演出』をするのです。

 

『演出』というと、

「嘘をつけってこと?」

と聞かれたりするのですが、

『演出』と嘘は全く違います。

 

嘘は事実と反することを書くことですけど、

 

『演出』は事実を伝えながら、

伝えたい事実を伝えるために必要のない事実を言わないことです。

 

つまり、「優しい」ことを伝えるのであれば、

「優しい」ことを伝えるのに必要なことだけを書く。

 

ガーデニングが趣味で野菜を育てるということは、

「優しい」ことを伝えるのに必要なことではないから、書かない。

 

それが『演出』です。

 

『演出』については、こちらでもお伝えしているので、

よかったらご参考までにどうぞ。

 

 

コンサルのクライアントに伝えた女性から魅力的に思われるプロフィールを書くコツ

 

おはようございます。

プロフの添削です。

 

・全体を通して、独り言感が出てしまっています。

 

たとえば、最初の「ワイン焼肉温泉が好き!」という箇所ですが、これでは「ワイン焼肉温泉という温泉があるんだ」と捉えられてしまいます。

ワインと焼肉と温泉が好きなら、「好きなものはワインと焼肉と温泉です」と書かないと相手には正しく伝わりません。

 

他にも、

 

「温泉で一番好きなのは箱根温泉かなー」という部分も独り言感に当たります。

 

相手に伝えようとするなら、「温泉で一番好きなのは箱根温泉です」と言い切らないと伝わりません。

 

・もっと具体的なエピソードを書きましょう。

 

「温泉が好き」と一言で伝えるよりも、具体的に、温泉のどういうところが好きなのか?

どういう時に温泉に行って、どんな温泉に入った時に、どんな気持ちになるのか?

ということを具体的に伝えた方が、読んだ人が共感しやすくなります。

 

要するに、特有のことを言われると人は相手に対して親近感を持つということです。

 

曖昧にさわりの部分を書くのではなくて、もっと具体的に踏み込んでMさん特有のことを書いた方がいいねがもらいやすくなりますよ^^

 

その人特有の具体的なエピソードを通じて自分の人柄を伝えるということが女性から好感を得るコツです。

 

ここからは、そんなプロフィールを書くための具体的な手順に移りましょう。

 

インターネットで女性と出会う確率を劇的に増やす文章の書き方の手順

 

女性と出会うために重要なのは、プロフィールで

・女性に魅力的に思われる

・女性に一緒にいると楽しそうだなと感じさせる

・女性にカッコよさそうな人だと感じさせる

・女性にデキそうな人だと感じさせる

ということです。

 

魅力的に思われるために、「楽しそう」「カッコよさそう」「デキそう」と感じさせよう、ということですね^^

 

手順1:女性に与えたい印象を考える

 

まず1番最初に考えることは、「自分をどう見せていくか?」ということです。

 

・優しそうに見せるのか?

・男らしそうに見せるのか?

・爽やかに見せるのか?

 

という女性に与えたい印象によって書くエピソードが違ってくるからです。

 

なので、まず最初に女性にどんな印象を与えるか?ということを考えてみてください。

 

手順2:女性の好きなことを調べる

 

次にやることは、女性の好きなことを調べるということです。

 

基本的にプロフィールで「私と違うタイプの人だな・・・」と女性に思われてしまったら、そこで終了です。

 

わざわざ「自分と違う世界の人で、話が合わなさそうだなぁ」と感じる人に会おうとする人はいませんから。

 

そして「自分と同じタイプの人だ!」と感じる瞬間って、年収とか住んでいるところじゃなくて、趣味です。

 

自分と好きなことが同じな人に、人は親近感を持って「自分と同じタイプの人だ!」と感じます。

 

だから、「家庭菜園が趣味です」と書くよりも「最近ヨガにハマってます」と書いた方がいいわけです。

 

もちろん、嘘を書いても仕方ないので女性の好きなものを自分が好きじゃなくても書こう!なんて程度の低いことは言いません。

(嘘をついて会っても、会った時に違和感を持たれてしまいますし、口説けませんから)

 

僕が何を言いたいか?というと、自分が好きなことがいくつかある中で女性と趣味が合うものをプロフィールに書く、ということです。

 

そうして、女性から「僕はあなたと同じタイプの人だ」ということをわかってもらうわけです。

 

けど、女性が好きなことってよくわからないじゃないですか。

 

だから、調べるんです。

 

ぜひ、面倒くさがらずに女性が好きなものを調べましょう^^

 

手順3:共通点をアピールしながら自分の人柄を伝える

 

ここまでで、何を書くべきか?はもう決まったでしょう。

 

つまり、

・女性の好きなことの中から自分の好きなこと

・自分の人柄を伝える具体的なエピソード

です。

 

たとえば、女性の多くはジブリが好きなわけですが、ジブリを書くのであれば

「どの映画が好きなのか?」

「なぜそれが好きなのか?」

「具体的に、どういうシーンで誰がどんなことをした時に自分はどう感じてそれが好きになったのか?」

ということを書く。

 

すると、女性から共感されやすいプロフィールができあがります^^

 

大切なことは、具体的に書くということです。

 

手順4:自分の仕事について情熱的に書く

 

これを読んでいる人の多くは社会人として仕事をされている方でしょう。

 

ここで1つ考えてもらいたいのですが、

・仕事に一生懸命な人

・仕事に怠惰な人

どちらが魅力的でしょうか?

 

・・・もちろん、「仕事に一生懸命な人」ですよね。

 

だから、プロフィールでも「この人は仕事頑張ってるんだなー」と女性から感じられるようにプロフィールを書く必要があります。

 

では、どうしたら仕事に一生懸命な人と感じられるのか?

というのは、シンプルに「仕事の情熱」を書けば、伝わります。

 

・なぜ、今の仕事をやるのか?

・今の仕事をやる上での目的は?

・今の仕事のやりがいは?

 

ということを書くと、仕事の情熱が相手に伝わるので・・・

ぜひやってみてくださいね^^

 

手順5:休みの日の過ごし方を書く

 

「仕事に情熱的な人はカッコいい!」と言っても、それだけだとただの仕事バカです。

 

重要なのは、バランス。

オンとオフの切り替えです。

 

仕事は頑張っている。

けど、休みも充実している。

 

ということを女性に伝えるわけですね。

 

だから、休みの日の過ごし方も合わせて書きましょう。

 

と言っても、自分の書きたいことを書けばいいわけではなく、やはりここも女性目線です。

 

女性にとって魅力的な休みの日の過ごし方を書く。

 

「家でダラダラしてます」←論外ですね(苦笑)

「友達と飲んでます」←あまり充実してなさそう・・・

 

というような何もない日々を書くよりも、せっかくの休みなので女性に非日常感を伝えられるような休みの日の過ごし方を伝えると、より効果的ですよ^^

 

手順6:相手に求めることを書く

 

相手に何をしてもらいたいのか?ということを求める。

 

と言っても、「一緒に飲みに行きたい」とかじゃなくて、あなたのプロフィールを読んでの行動です。

 

具体的に言うと、「お気軽にいいねください^^」ということですね。

他にも、「まずはメッセージでいろいろ話しましょう」とか。

 

手順7:締めの言葉

 

一番最後に、締めの言葉を一言添える。

 

「ありがとうございました」

「よろしくお願いします」

 

の言葉があると、印象が少しだけよくなりますから^^

 

「少しかよー」と思うかもしれませんが、少しの積み重ねで女性からの好感度が決まります。

 

なので・・・侮らずに締めの言葉を添えてみてくださいね^^

 

女性と出会うための文章の書き方のまとめ

 

1、女性に与えたい印象を考える

2。女性の好きなことを調べる

3、共通点をアピールしながら人柄を伝える

4、自分の仕事について情熱的に書く

5、休みの日の過ごし方を書く

6、相手に求めることを書く

7、締めの言葉

 

という7つの手順を守りながら、プロフィールを仕上げてみてください。

 

そうしたら、あなた好みの女性と出会えるようになりますから^^

 

出会いアプリの攻略法を動画で解説しました。

全然うまくいかなかった僕がなぜ好みの女性と会えるようになったのか?

その秘訣を話しましたので、こちらからどうぞ。

↓ ↓ ↓

\ SNSでシェアしよう! /

ネットナンパpairsで出会いまくれ!!妥協しない彼女作りの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ネットナンパpairsで出会いまくれ!!妥協しない彼女作りの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

伊佐木大介

伊佐木大介

23歳まで恋愛経験なく過ごし、当時好きだった女性に振られ恋愛活動をスタート。童貞コンプレックスをバネにナンパ、ネットの出会い、婚活パーティーなどで女性との出会いを作り女性とのコミュニケーション能力を開花させる。1年間で出会う女性の数は100人を超える。
2011年、自身のコミュニケーションスキルを理論化し、わかりやすく再現しやすい恋愛理論をベースに情報発信をスタート。「結果にコミットする」をモットーに恋愛相談を行なう。

関連記事

  • 東京で理想通りの彼女をつくる恋愛セミナー開催:『出会いの正解』でペアーズを攻略

  • 25歳OLと会ってきた!!ペアーズでデートする好みのかわいい女性と付き合う秘訣

  • 写真を変えてみたら反応が上がった件

  • よっしゃー!24人とマッチングした!

  • 女性と何を話していいかわからず、真面目な話になってしまう〜女性を楽しませる会話のコツ

  • ゼクシィ恋結びアプリが盛り上がってきた!